アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
PS Vita「咲-Saki- 全国編」アップデート配信 Ver1.03
2016年01月23日 (土) | 編集 |


加賀クリエイトさんが解散し、
今後の進展が絶望視されていた中、
まさかまさかのアップデート!
ありがとうございます! ありがとうございます!
感謝感謝!




そんなわけで、今回のアップデートで
高鴨穏乃と冷たい透華の2キャラに調整が入りました。
「このアプデはでかい」と思ったので、少し遊んでみました。



・高鴨穏乃


原作再現度がアップ!
特殊効果の発動時には、かっけー効果音が鳴ります。
まじかっけーので、これを聞くためだけにでも
アプデをする価値はあるでしょう。

どの能力を無効化できるのかはまだ調べきれてませんが、
ひとまず淡にはばっちり効きました。
特殊効果が発動すると、

①淡が能力を使ったときに威圧の演出が入り、ダブリーが防がれる
②威圧の演出が入らず、ダブリーできても、山の角でカンができない


このどちらかが起きます。

衣相手にもちょっと試してみましたが、
海底コースに入ってもツモが悪くならなかったっぽい?です。
おそらく海底ツモも防げると思うんですけど、
こっちは穏乃が相手じゃなくても普通にツモれないことがあるので、
確認が面倒難しいですね。
興味がある方はいろいろと試してみてください。

いずれにせよ、強化されたことは間違いないのですが、
どうやらこの特殊効果は、
南三局以降じゃないと発動しないみたいなので、
それまでに精神が尽きて能力が消える、ということの方が多そうです。
もどかしい!



・冷たい透華


「原作ではどういう試合内容だったのか」
をより深く推測できるようになったのがおいしいですね。
能力的にもかなりの強化。
冷たい透華自身は配牌もツモもいいので、
鳴く必要がありませんし、ますます手に負えなくなったのでは?
鳴きキャラが相当きついのもそうですが、
衣も鳴いて海底コースに入ることができなくなったんですよね。
どうすりゃいいんでしょ、これ。

ただ、暗槓はできるので、咲さんは充分に対抗できるし、
淡も問題なく戦えるでしょう。
むしろ淡相手に鳴けないのは明らかにデメリットなので、
両者の差は縮まったと考えるべきか。

一応、特定の条件下では、
冷たい透華がいても鳴くことができます。
たとえばこんな形。


tumetai.jpg


牌が隠れてて見づらいですが、①④⑦待ちです。
ロンできて、なおかつ鳴ける状態だと、鳴けちゃうんですね。
素直にあがっておけという話ではありますけど、
上記のように、フリテンでテンパイしてるときに
ロン牌がこぼれた場合、無理やり鳴いて形を立て直すとか、
あるいは、点数次第ではあがるわけにはいかない場合とか、
そういうときには役に立つんじゃないでしょうか。



以上、Ver1.03の雑感でした。
バランス調整のためではなく、
原作の再現度を上げるためにアプデする。
その心意気には痺れるばかりです。
改めまして、加賀クリエイトさんありがとうございました!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト