アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki- 第156局「両親」
2016年03月19日 (土) | 編集 |


以下、ネタバレあり。





おかんきたあああああああああああ!!

東京に来ている以上、いつか登場するとは思っていましたが、
そうか、このタイミングか!
真っ先に浮かんだ感想は、
「小清水亜美の声が似合いそうだな」
というものでした。
アニメ化の際は二役やって欲しいですね。

和との会話を聞く限りでは、母親も麻雀に関わってるっぽい?
それとも単純に、娘を褒めてるだけ?
いずれにせよ、めっちゃ仲いいですね、この家族。
「たいした仕事もしてないのに」と笑顔で言い放つ母と、
そのセリフにまったく気分を害した様子のない父。
その他、遠慮のない応酬の数々が、見ていて心地よかったです。

簡潔に言えば、「原村恵、もげろ!」ですね。
こんな素敵な奥さんと娘がいて、これ以上何を望むのか。
少しくらいのわがままは聞いてやってもいいじゃないか。
もげろ!

東京行きの話題が久々に浮上しましたが、
個人的な予想としては、
和はインハイの結果に関わらず東京に行くことになり
白糸台に転入して、3年目の夏に清澄と対決する

みたいな最終回の未来図を、ずいぶん前から思い描いていたりはします。
まだまだ先の話かもしれませんが、さてさて。
楽しみは尽きない。



その他、気になったこと。


・穏乃がかわいい

かわいすぎる。
ここ数週、シズ充が激しくて、
こんなに幸せでいいのかと動揺してます。
なんなのこの笑顔は、もう。
かわいすぎる。



・5位決定戦の詳細が判明

オーダーごとに半荘1回か。
5位決定戦の勝敗予想記事は東風戦を前提として書きましたが、
半荘戦となるとまた変わってきそうですね。
たとえば能力に回数制限のあるキャラは、相対的に不利になるはず。
具体的には竜華、由暉子、爽あたり。
逆にリザベはチャレンジできる機会が増えるし、
漫も爆発できる可能性が上がる。
となると、新道寺と姫松の、どっちかかなー。



・優希の麻雀禁止令

集中力を高めるのが狙いかな?
優希の最終進化形は、
「南場に突入しても止まらない」
だと思ってるのですが、そうなってくれると嬉しいな。



・私は宮永をディフィートしたことありますよ

日本語で頼む。


ディフィート=破る、負かすといった意味
ということで、
「はやりさんが注目している宮永照に勝ったことがあるよアピール」
ですね!
第0話での「あれ私しか読めないと思ってました」もそうですけど、
隠す気のない真っすぐな感情が、見ていて清々しいです。
いいねいいね。

藤白七実の名前が出てきたこと自体はびっくりしなかったのですが、
(いつか出てくるだろうと思っていたので)
これは、個人戦での話かな?
チームではなく、個人名を挙げてますし。
つまり、その年に個人戦で優勝したのが戒能さんで、
照は2位だったってことか。
そして照はそれ以降、誰にも負けてない。
少なくとも、高校生相手には。

戒能さんは藤白七実のことを「藤白プロ」とは言ってないので、
どうもプロにはなってないっぽいですね。
まあでも、プライベートな場でわざわざプロとは呼ばないか。
いずれにせよ、フルネームで呼び捨てにしてるのは、
そんなに親交が深くないからなのかな。



・初手テスカトリポカでそのエフェクトから逃れることができた

テスカトリポカ - Wikipedia
テスカトリポカとは (テスカトリポカとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

めっちゃくちゃつえー神様みたいですが、
その名前には「煙を吐く鏡」という意味があるらしく、
戒能さんの話ぶりから想像すると、
「照魔鏡で覗かれたけど、こっちも鏡で反射して防いだ」
といったやり取りがあったということか?
ライブラされたけどリフレクかけてたから助かった、みたいな?
だとしたら、照にとっては相性の悪い能力ですし、
そこに疲労の影響もあったのなら負けるのもやむなしか。
麻雀は相性バトル。みんな知ってる。

しっかし、戒能さんは掘り下げが進むほど、
どんどん格が上がっていきますね。
「こいつ、ただのトッププロじゃねえぞ……」
「マジでやべえマジモンのやべえ奴だぞ……」
みたいな戦慄を覚えるばかりです。
そんな彼女に「すっげーモンスター」と言わせた咲さんもすごいし、
戒能さんを「使う」立場にいる郁乃も、
本当に何者なんだって話にもなってきます。
シノハユでの登場が待ち遠しい。早く。



・尻ならセーフ

今回もセーフでした。



・小さい頃のお姉ちゃんと打ち方がまるで違う

やはり照魔鏡や連続和了は、
空白の期間に身に付けたものなのでしょう。
問題は「ギギギ」も新たに習得した技なのか、
彼女本来の打ち方なのか、という点でしょうか。
戒能プロも知らないっぽい、というより、
公式戦では披露してなさそうな感じさえあるので、
「まだ使いこなせていない新しい能力」
という印象は受けているのですが、どうなのかなー。

関連記事
宮永照の照魔鏡から見えてくるもの



・善野さんの病室

ついにきました、この瞬間が!
おそらく姫松応援勢にとって、
ここが最大最後のエピソードになるはず!
超絶楽しみ!

関連記事
善野一美はなぜ倒れたのか



毎回言ってる気がしますが、次回も必見ですねー。
色々と想像したり、記事にしてきたことが、
次々と明らかになっていくこの過程、
咲-Saki-ファンとしても、感想書きの一人としても、
すんげー楽しいです。
どきどき、わくわく。
待ちきれない。


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト