アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
シノハユ 第31話「団体戦」
2016年03月31日 (木) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




今回の主役は、なんといっても閑無ちゃん!
ここまで本気でへこんだのは初めてだろうし、
色んな表情を見せてくれました。
最初から最後まで輝いてた。

チャンスを逃さず親倍を物にした悠彗さんもお見事。
普段の部活でも確かな成績を残しているからこそ、
一年生にして先鋒を任されたのでしょうし、
これは今後の躍進にも期待できそうです。


閑無ちゃんがトビ終了した場面には、一つ思うところがあって、
「花田煌ならこういうとき、手が止まるんだろうな」
って頭に浮かんだんですよね。
満貫や跳満なら振り込んでたかもしれないけど、
トビになるような手には振り込まない。
これはなかなかのなかなかですよ。

「飛ばない」という花田先輩の底力は、
この市大会ルールなら十全に活きるような気がします。
10万点スタートに比べたら、まず間違いなく失点は減りますからね。
エース同士の対決の中に、放り込む価値が充分にある。
逆に一発無しやドラ関係で割を食う人もいたりしますし、
キャラの強弱はルール次第で変わってくるものですね。


それはさておき、
閑無ちゃんの想いに応えたはやりんも素晴らしかったです。
西単騎は偶然だったのかもしれませんが、
閑無ちゃんの気持ちも救われたことでしょう。
結果に満足してないところもまた良し。
君はまだまだ強くなれるよ。がんばれ。

熱戦が繰り広げられる中、試合はいよいよ中堅戦へ!
慕vs曖奈!
「格上」とのガチバトルですし、
一回戦最大の見せ場になりそうですね!
次回も楽しみ!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト