アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
ドラマ「咲-Saki-」第2局
2016年12月13日 (火) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




sakidorama03.jpg

今回も楽しく鑑賞できました。
設定変更の影響が少しずつ大きくなってきましたが、
これくらいなら許容範囲。
テンポ重視で作ってる、と肯定的に受け止めてます。

京太郎に続き、西田記者と山口カメラマンもカットされ、
優希や和の見せ場もがっつり削減。
今後も色々と削られそうな気配が濃厚ですけど、
このへんは割り切るしかないですね。
主役はあくまでも宮永咲であり、
限られた時間の中で、
彼女をどれだけ見せられるかが大事なので。

今回、一番おもしろかった瞬間がここ。

sakidorama04.jpg

優希がまこに思いっきり睨まれててめっちゃ笑った。
この1カットで笑えるのは、ドラマならではの良さですね。

その他、照絡みのあれこれなど、気になる箇所はいくつかありましたが、
このあたりはあまり深く受け止めない方がいいのかな。
森林限界のシーンで、照のセリフと口の動きが合ってなかったのも、
深読みする必要はない、はず。
さすがに、たぶん。

ともあれ、次回も楽しみにしています。
「意外とがんばってる」くらいの気持ちで見てるので、
かなり甘めの感想になってるという自覚はありますが、
怒るよりも笑ってる方が気持ちいいですし、
あまり難しく考えない方がいいじゃないかなと思ってます。
楽しもう!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト