アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
ドラマ「咲-Saki-」第4局
2016年12月27日 (火) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




sakidorama07.jpg

原村父は登場しないのかも、と勝手に懸念していましたが、
しっかり出番ありましたね。よかったよかった。
和とのやり取りは原作以上につっけんどんというか、
まったく話し合う気がなさそうな感じでしたが、
ドラマならではのリアルっぽさが伝わってきたので、
これはこれでありですね。
「ヘイトを集める役目」としては、充分な効果。

合宿イベントはオリジナル展開多めで、
やはりこちらも、これはこれであり。
サービス的な意味では、申し分なかったですからね!
揺らしたかっただけだろっていう突っ込みはさておき。
いや、でも、揺らしたかっただけですよね、正直。

ラスト付近の、久絡みのあれこれは、
クライマックスの演出としては上手く働いていたと思います。
もちろん、久らしくはないんですが、最終回ですし、
「飄々としていた部長の意外な一面」として、
これくらいは見せてもいいんじゃないかな、と。
少なくともインパクトはありましたし、
竹井久という存在が印象に残ったことも確か。
県予選での活躍に、期待が高まるばかり。


sakidorama08.jpg

鶴賀のメンバーの顔見せがあったのも嬉しかった瞬間。
映ったのはわずかな間でしたが、今はこれくらいがちょうどいい感じ。
なんだか一人だけ顔が見切れてるような気もしますが、
おそらく気のせいでしょう。いいぞいいぞ。
鶴賀大好きなので、映画では是非とも大暴れして欲しいです。

そんなわけで、ひとまずの最終回でした。
次回の特別編では、どうやら各チームの掘り下げエピソードを、
まとめて放送するっぽい?
で、当たり前と言えば当たり前ですけど、
国広君は私服のお披露目がなさそうで、
そこは素直に残念だな、と感じています。
本当に素直な気持ちで、変な意味ではなく。
分かってはいても、見てみたかったので、はい。
はい。

いずれにせよ、今年の放送はこれにて終了。
特別編も劇場版も、どちらも来年の話なので、
今は待つことしかできませんが、
きっと満足できるものを見せてもらえると信じています。
楽しみ!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト