アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
2016年を振り返る~ゲーム&アニメ~
2016年12月31日 (土) | 編集 |


今年もゲームとアニメをまとめて振り返ります。
遊んだり見たりした、全ての作品を語るわけではないので、
その点はご了承ください。
以下、色々ネタバレありです。




まずはゲームから!


・聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-

あの不朽の名作が、PSVITAとスマホでよみがえる!
ということで、ひたすら夢中になって遊んでました。
ずっとずっと、もうずっと、
リメイクされて欲しいと願っていた作品なので、
本当に嬉しかったです。
当時の空気と熱をそのままに、
上手くアレンジできていたと思います。
エンディングを迎えた瞬間は、いま見ても切なくて、
悲しくて、もどかしさがあふれるばかりなのですが、
これでこそ聖剣伝説だよなと、しみじみ思うばかり。
感謝しかない。ありがとう、ありがとう。



・クリミナルガールズ2

発売自体は昨年ですが、クリアできたのは今年なので。
感想記事はこちらに書いてあるので、ここでは詳細を省きますが、
とにもかくにも、遊べてよかったな、と。
良いゲームでした。



・Saints Row:Gat out of Hell

こちらもクリアしたのは今年です。
いつの間にか日本語に対応していたおかげで、
ようやくまともに遊べたのですが、いやー、面白かったですね。
これまで同様、セインツロウの世界を充分に堪能させてもらえました。
シリーズはまだ続くのかなあ。
もうだいぶやり尽くしたと思うんですが、
続くのならいくらでも続けて欲しいですね。



・セブンスドラゴンⅢ code:VFD

同じく昨年発売で、今年クリアした作品。
シリーズ完結作ということで、
全てにケリがついた大満足な一作。
特に第六章終盤の展開には、胸を打たれるばかり。
お前、おい、こら、そんなもんを見せられたら、
サントラを買うしかないだろっていう。
バトルも超楽しかったし、遊べて良かったです、本当に。
個別の感想はこちら



・パンチライン

ゲームならではの楽しさもある一作ですが、
中盤くらいでちょっと面倒くさくなって、攻略が止まってます。
アニメを見て結末を知ってるから、というのもありますが、
他に遊びたいゲームもたくさんあるので、はい。
いずれ暇を見つけて再開させるつもりではあります。



・世界樹の迷宮V 長き神話の果て

夢中になって遊び倒しました。
たぶん、今年一番ハマったゲーム。
詳しい感想はこちらあたりから書いてますが、
「冒険している」という感覚を、
全力で味わえたのが良かったな、と。
クリア後のあれこれは、
やっぱりちょっと、面倒でしたけどね!
でもまあ、根気強く遊び続ければ、
それなりに無茶な編成でも、
完全クリアできるんじゃないかなと思います。
絶妙な難易度に拍手。



・ZERO ESCAPE 刻のジレンマ

極限脱出シリーズの完結作。
いくつか不満点はありましたが、
発売まで待った分以上に楽しめたという、
確かな実感もあります。
感想はこちらから。
楽しかった。本当に楽しかった。



・カタチ新発見! 立体ピクロス2

なんとなく買って、なんとなく遊び続けて、
いつのまにかクリアしていたという、そんな良作。
立体どころか、ピクロス自体を遊んだことがなかったんですが、
今作のおかげで好きになりましたし、興味の幅を広げてくれました。
出会えてよかった一作。



・ポケモンピクロス

上記の作品からの流れで、
「普通のピクロスも遊んでみるか」と思って、
手をつけてみた作品。
で、現在も超楽しんでます。
まだ全クリはしてないのですが、
トレーニングで少しずつピクロイトを貯めつつ、
まったり遊び続けたいですね。



・アイドルマスターシンデレラガールズ

本業。
「なるべく熱くなりすぎないように」と気を付けつつ、
ちまちま続けてます。
特に語ることもなく、来年も遊び続けていることでしょう。
楽しい。



・アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ

配信開始時から少しずつ触れてはいたのですが、
限定ありすSSRが登場した際に、本格的に遊び始めました。
おかげさまで、SSRは比較的早い段階で手に入ったし、
ありす自身、イベントでの登場機会も多かったし、
熱い一年になりました。
デレマスと合わせて、来年もじっくり付き合いたい作品です。
楽しい。




ここからはアニメについて!


・昭和元禄落語心中

超ビッグネーム声優陣により繰り広げられる、
本格落語アニメ。
この面子で、これだけの演技を見せられて、
満足できないわけがない。
最高でした。
二期も楽しみにしています。



・アイカツ!

最終回、良かったですね。
この子たちの、これから先を、
もっともっと見てみたいとは思いますが、
物語としてはここで終わるのがベストかな、と。
ありがとう、ありがとう。



・アイカツスターズ!

序盤こそ少し戸惑いましたが、
今はそれにも慣れて、マイペースで追いかけてます。
好きなキャラは早乙女あこさん。
かわいい。



・ビッグオーダー

原作との相違点がかなり多くて、
最初の方は違和感バリバリだったのですが、
次第にアニメならではの工夫や見せ方に慣れてきて、
最終的には満足な一作に仕上がっていたと思います。
むしろ原作を超えたまである。
怪作。



・ハイスクールフリート

序盤のバイファム的な展開が熱くて、
緊張感たっぷりな空気は非常に心地よかったです。
真相が判明した後はその緊張感も薄れましたが、
全体としては満足。
続編があるのなら見てみたいなとは思ってます。



・バッテリー

原作大好きなので、めちゃくちゃ期待してたし、
実際、楽しく鑑賞させてもらったのですが、
巧の投げる球の「音」に関しては、
はっきり、不満でしたね。
だって、原田巧が投げてるんですよ。
その音じゃないでしょう、と。
それ以外は満足だっただけに、
どうしてもモヤモヤが残った、というのが正直なところ。
「ああ、これは人生狂わされるわ」と、納得できなかったといいますか。
うーん。



・ダンガンロンパ3

未来編も絶望編も、毎週楽しく見ていました。
ゲームとアニメは別物なので、
難しい部分はあったと思いますが、
やろうとしていたことは理解できたつもりですし、
しっかり完結してくれたことにも感謝しています。
放送後は自分なりに推理したり、
他の人の推理も追ったりして、あれこれ頭を悩ませる。
そういう時間を過ごせたこと自体が、貴重な体験でした。
ゲームの方のV3も楽しみですね。



・ラブライブサンシャイン

全体的に最高でしたが、最終回が特に素敵でした。
現実とイメージを融合させ、
境目をあやふやにするラブライブ特有の演出。
あの演出を極限まで尖らせた結果が、
最後のライブシーンなんですよね。
ラブライブだからこそできた最終回。
非常に良かった。



・ブレイブウィッチーズ

今年最注目だったアニメ。
冷静に見れた回は一度もなくて、
毎週ドキドキしながら視聴していましたよ。
13話も楽しみです。



・響け!ユーフォニアム2

二期も最高に最高でした。
横だけでなく縦のつながりも深く濃くしつつ、
最後まできれいに丁寧に描き切った傑作だったと思います。
これでこそ京アニ。
ありがとう、ありがとう。



・ステラのまほう

珠輝ちゃんがかわいすぎる!
なんだこの子は!
いったいなんなんだ!
視聴者をころす気か!!
いいかげんにしろ!!!!



映画もいくつか見ましたが、
特に語りたかったのは以下の二本。


・遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

これでこそ遊戯王、という納得の仕上がり。
もう完全に、海馬が主役でしたね。
あいつ、すげーよ。
パズルを解くためだけに宇宙ステーションまで作るし、
命がけで次元を超えて、もう一人の遊戯に会いに行くんだもん。
ラスト付近で涙出そうになったよ。
すげーよ、あいつ。
愛だよ。愛としか言いようがないよ。



・聲の形

めちゃくちゃよかったです。
この作品を、よくぞ映画化してくれた、という大きな満足感。
省略されてるシーンが多くて、
分かりにくくなってる箇所がいくつかあったのですが、
ラストをあの瞬間で締めたのは完璧に正解でしたね。
余韻がすごい。本当にすごい。
見終わった後からじわりじわり、どすんとくる感じ。
映画館で見ることができて、本当によかった。
ありがとう、ありがとう。




その他、色々と言い足りないことだらけですが、
長くなりそうなのでここまで。
熱くて濃い一年でした。

それでは皆様、良いお年をー。


関連記事
テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト