アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
ダンガンロンパV3を遊ぶ 第1章裁判準備
2017年01月18日 (水) | 編集 |


じっくり遊んでいきます。
以下、ネタバレ多数の感想記事です。

公式サイト
ニューダンガンロンパV3みんなのコロシアイ新学期




キーボに関して、少し思考を修正。
「参加者は16人」が真実だとして、
キーボを「人」としてカウントしてないのなら、
あと一人、隠れている「人間の参加者」がいることになる。
「キーボ、実は人間じゃね?」も依然として有効だが、
「もう一人いる」という可能性も考慮しておきたい。

と、そんな感じでプレイを再開。
自由時間は魔姫さんと過ごしたりしつつ、
現在はチャプター1を折り返したところです。

いやー、めちゃくちゃ面白いですね!
最初の事件としては申し分のない衝撃。
生き残りの予想は早くも外れましたが、
でもまあ、確かにここ以外はないか。
このキャラを殺すとしたら、このタイミングしかない。
分かってしまえば納得の展開。
1、2を踏まえた上で、3だからこそやれる事件。

そんなわけで、猛烈に興奮しつつ捜査を開始したのですが、
これ、最原がクロなんじゃないの??
あからさまに怪しすぎるから、逆に違うかもですけど、
彼がクロだとしたら、インパクトは抜群なんですよね。
やる気満々で、まっすぐな主人公の、
心を折るには充分な真相。
体験版で「パートナーが犯人」をやったのは、
ここでこれを見せるため。
つまり、プレイヤーに覚悟を決めさせるため。
信じたくなくても、信じるしかない。

「探偵が犯人」はノックスの十戒に抵触するかもしれませんが、
そもそも記憶を上書きされているのなら、
彼自身の素性は、本当は探偵じゃないことになる。
だから、反則の一手ではないと思います。
上書き説が真実で、彼がクロだという前提での話ですが。


以下、推測。

事件発生時刻と、ブザーが鳴った時刻が、
同じだとは限らない。
受信機を持っていたのは最原。
殺害時には電源をオフにしておき、
戻ってくるときにオンにすればいい。

つまり、動く本棚は、二度動いている可能性がある。
蘭太郎が動かしたときと、
最原がなんらかの時限式トリックで動かしたとき。
トリックの詳細は不明だが、
おそらく今の段階でも気付けるもののはず。

蘭太郎は後ろから襲われている。
仮にクロがいることに気付いていたとしても、
争うつもりはなかったはず。
不意打ちを食らったか、逃げようとしていたか。

複数枚ある写真が、
時系列通りに並んでいたとは限らない。

写真が「動くもの」に反応して撮られるとしても、
連写はできないと考えるべき。
できるのなら、たとえば楓たちが部屋に入る写真は、
パラパラ漫画のように何枚も続いているはず。
しかし実際にはそうではない。

蘭太郎が部屋に入り、シャッターが切られた直後に、
クロが彼の後ろから急いで入ってきたのなら、
写真を撮られてなくてもおかしくはない。
そしてその仕組みをちゃんと理解できているのは、
おそらく入間と最原だけであり、入間にはアリバイがある。


隠し扉の写真が2枚しかないのは、どう考えてもおかしい。
死体発見後、多くの人が動き回っていたはずなのに。
「クロが犯行直後に装置を切ったから」が妥当か。

つまり、部屋に入らず遠隔装置などを使って、
鉄球を蘭太郎にぶち当てた、みたいなことはしていない。
クロは確実に部屋に入って殺し、装置を切っている。

いや、装置を切ったのは蘭太郎か?

隠し扉の写真では、蘭太郎は右手を伸ばしている。
が、血液がかかってるのは左手で、カメラにも血の跡。
ただし、装置のボタンには血がついてない。
つまり、装置を切ったのは出血前。

カメラに気付いた蘭太郎が右手を伸ばし、装置を切る

蘭太郎が襲われ、出血箇所に左手を当てる

蘭太郎は犯人を撮影しようと思い、
血の付いた左手でカメラを取ろうとする

しかし固く固定されているため取れず、
そのまま倒れ込んで死亡

こういうやり取りがあったのではないか?

蘭太郎が装置を切ったのなら、
「クロは部屋に入らず殺した」はあり得る。
たとえば蘭太郎が入室後、扉を閉めなかったのなら、
その外から鉄球をぶん投げて当てればいい。
そんな力技ができそうなのは、獄原くらいか。

ただしこの場合、ドアの開閉にタイムラグがあるため、
「裏口を閉める瞬間」も写ってなければおかしい。
その写真がない以上、裏口は蘭太郎が部屋に入り、
連写できない間に閉められたと考えるべき。

裏口の2枚目は、カメラを取り外すときではなく、
最原が犯行直後、装置を切るときに写ったものではないか。
部屋を出る瞬間が写ってないのはそのため。


他のカメラには最原が写ってるのに、
隠し扉のだけ写ってないのは、
そのときにはもう、装置が切られていたということ。
そして最原ならカメラを回収した際に、
そのことには気づくはず。
それなのに申告してないのは、
知られたくなかったからではないか。


なんか思考を誘導されてるような気もするんですが、
最原クロだとしっくりくるんですよね。
別の可能性はあるのかな。


確実にアリバイがある人物
春川 夜長 夢野 真宮寺 入間 東条

一時的にアリバイがない人物
百田 茶柱 白銀 最原 獄原 赤松

完全にアリバイがない人物
キーボ 星 王馬


茶柱が百田と一緒に行動していたのは違和感。
「男嫌い」というのはウソで、
二人が共犯で殺した可能性はある。

写真のことを知らなかったとしても、
隠し扉の方は蘭太郎が装置を切ってるし、
連写できない隙に部屋に入ったのなら、
裏口の写真に写ってなくてもおかしくない。
偶然、写らなかったという可能性はある。

ただしその場合、退出時に写ってないのはおかしい。
写ってない時点で、茶柱と百田はシロか。

白銀に超人的な身体能力があり、
超高速で天井を這って地下まで行けたのなら、
楓たちの目をかいくぐっての犯行も可能か。
ただし「身体能力すごいよ」が明言されてるのは、獄原だけ。
後出しで「実はこっちもすごいよ」はやらないと思う。
そしてここでもやはり、退出時の問題が浮上する。
白銀もシロ。

キーボ、星、王馬も同様。
退出の問題をクリアできるのは、最原だけ。

最原がクロで、計画的に殺したのだとしても、
蘭太郎を狙って殺すつもりだったかは不明。
このタイミングで部屋に入る=首謀者だと決め付け、
それがたまたま蘭太郎だった可能性はある。

時限式のトリックだけはどうしても思いつかない。
そこをどうにかしないと、断定はできないか。
ただまあ、投票するとしたら、最原になるなあ。
最原以外には不可能な犯罪だと思う。



まとめ

被害者 天海蘭太郎
犯人 最原終一

隠し扉の存在に気付いていた二人は、後で会う約束をしており、
蘭太郎はトイレに行くといって抜け出す。
そこに約束通り、最原が現れ、二人は裏口から図書室へ。
蘭太郎、最原、と続いて入ったため、
最原は写真を撮られていない。
このとき、ブザーの受信機はオフになっている。

最原はさりげなくカメラの死角に移動し、
蘭太郎が本棚を動かす。
このとき、写真を撮られたことに気付いた蘭太郎が手を伸ばし、
装置を切った瞬間、最原が鉄球で殴りつける。
蘭太郎は証拠を残すため、最原を撮影しようとするが、
カメラが固定されているため手に取ることができず、倒れ込んで死亡。

最原は裏口のカメラに手を伸ばし、装置を切る。
このときに2枚目が撮影されている。

その後、最原はなんらかの時限式トリックを施し、部屋を退出。
受信機をオンにして、楓の元に戻る。
トリックが発動し、ブザーが鳴り、二人は現場へ突入。


と、こういう筋書きでどうでしょうか。
百田たちが探しに来るのがもっと早かったり、
楓たちがあえてなぜか裏口から突入していたりしたら、
計画は破綻していたのかもしれません。

さあ、この推理は当たってるのかどうか!
いよいよ裁判開始だ!
気合いを入れて挑もう!


関連記事
テーマ:ダンガンロンパ
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト