アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
シノハユ 第43話「逸事」
2017年03月27日 (月) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




菰沢中のお披露目エピソード。
遅刻したことを全く悪びれてない千尋と、
そんな彼女へのそれぞれの反応が興味深かったですね。
楫野さんの「なんなんお前」は本当にその通り。
市大会もサボってるし、本当になんなんだよっていう。
逆に言えば、「なんなんお前」で済んでるのは、
その実力を認めているからでしょう。
やるべきことはやってくれると信じている。
他のみんなもそれぞれ思うところはあるでしょうけど、
誰も不満は漏らしてないし、
これも一種の信頼関係なのかもしれません。

キャラ名なんかもさらっと紹介されてますけど、
盆子原さんは身長が184センチあるんですね。純君より高い。
彼女より背が高いのはメガンの185と、豊音の197なんですが、
二人とも高3なんですよね。
盆子原さんは中3で、これからまだ伸びるだろうことを思うと、
豊音越えも無いとは言えないのかな。
ちょっと気になる情報でした。要注目。

冒頭から緊張感のあるやり取りが繰り広げられる中、
湯町中も決勝進出! おめでとう!
悔しがる杏果さんがかわいかったです。
勝つことへの「欲」が出てきてる。いいぞいいぞ。

決勝ではやはり、オーダーに変更あり。
多久和→野津は想定内、先鋒⇔大将は想定外。
「慕と千尋、戦わないの?」と一瞬思ったのですが、
オーダーの変更はどのチームも可能なんだから、
菰沢だって変えてくる可能性はありますよね。
そりゃそうか。そりゃそうだよ。
すっかり失念してた。
となると、作中で語られたように、
先鋒千尋にチェンジで、慕とのガチ対決が実現しそう。

千尋がこれだけ持ち上げられた以上は、
圧倒的な強さを見せてくれるはずですし、
現時点での慕では勝てないのかもしれない。
仮に慕が負けても、優勝の可能性が消えるわけじゃないし、
力の差を思い知らされることになるのでしょうか?
「勝てないながらも、少しでも点差を縮めることに専念する」
みたいなのがあると熱いですね。

菰沢はオーダー変更無しで、
大将戦はそのまま千尋vs雫になる可能性もありますが、
やっぱり、慕との対決を見てみたいというのが正直なところ。
次号はセンターカラーですし、タイミングとしてはベスト。
劇的な展開に期待しています。
がんばれ、慕!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト