アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
シノハユ 第49話「協翼」
2017年09月28日 (木) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




瑞原はやり、苦難の回。
「高い手を狙ってくるはず」と読んでいたのに、
結果的には役満を献上してしまったわけで、
これは悔しいでしょうね。
結果論とはいえ、当たり牌を止めたせいで
失点が跳ね上がるというのは、精神的にきつい。
その後の振り込みも、まさに不運としか言えない一撃。
けれど、これが麻雀。刺さるときは刺さる。

ただし、ここで「続く」となった以上、
このままでは終わらないのでしょう。
少なくとも、菰沢はトップを取れない。
だって、あの瑞原はやりが、
「トップは取らせない」と言ったのですから。

その言葉を真実にしてくれると信じたいです。

はやりん自身は最下位だとしても、
たとえば四暗刻をツモった吾郷さんをアシストして
1位を取らせれば、菰沢の三勝目は防げる。
今、彼女が狙うべきは、そういう展開かもしれません。

とはいえ、盆子原さんも強豪菰沢の三年生レギュラー。
これまでに様々な経験を積んできたでしょうし、
そうすんなりと勝ちを譲るとは思えません。
また、大将戦までもつれ込んでも、
やはり、「千尋が打つ」という問題は避けられないわけで、
全国行きは非常に厳しい、という状況に変わりはありません。

何かあるとしたら、もっと先の展開。
はやりんが粘ったおかげで、点数状況が少し面倒なことになり、
千尋は大将戦で、少し無理をしなければならなくなる。
そして、そのデータを取られたせいで、菰沢は全国優勝を逃す。
そういう未来は考えられます。
結果、菰沢は湯町を強く意識するようになる、みたいな。

ともあれ、今は副将戦だ!
はやりんの奮闘には期待したいし、
盆子原さんの活躍も見てみたい!
まだまだ、最後まで見逃せないぞ!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト