アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
ドラマ「咲-Saki-阿知賀編」第2局
2017年12月12日 (火) | 編集 |


以下、ネタバレあり。






完璧。
完璧でした。
文句なし。ばっちり。
阿知賀女子という「チーム」が結成される、
まさにその瞬間を、じっくり丁寧に描いてくれました。

前回の感想でも触れたことですが、
オリジナルの追加描写が上手く機能してるんですよね。
補完とはまさにこのこと。
灼と晴絵のやり取りには改めて胸が熱くなったし、
穏乃たちとのあれこれも良かった。
鷺森灼は「強い打ち手」であり、
阿知賀女子に欠かせない「戦力」である。
そのこともはっきり伝わってきました。
キャラの掘り下げとして、申し分のない内容。

一番ぐっときたのは、
インハイでの出来事をフラッシュバックした晴絵が、
耐え切れずにバスを降りるシーン。

achigadorama04.jpg

「呼吸困難を起こすほどのトラウマを植え付けられる」
って、マジで真剣にやばいので、
本当にめちゃくちゃボコられたんだろうなということが、
切実に伝わってきましたよ。
誰だよ、晴絵をこんな目に遭わせた奴は!
いったい誰なんだ!


しかしまあ、これだけ「改変」が盛り込まれても、
素直に「すごい」と思えるのは、
製作側に原作へのリスペクトと情熱があるからでしょう。
「分かってる」スタッフじゃないと、
この内容にはなってない。そこは断言できます。
本当にありがたいことです。
ただひたすら、感謝。

それはさておき、このペースだと、
テレビ放送は第1巻までで一区切りになるのかな?
あるいは「すれ違う瞬間」はおあずけか。
いずれにせよ、
「全国に行くまで」をみっちり掘り下げてくれる、
と考えていいはずで、となると、
映画では残り5巻分以上を一気にやることになります。
内容をかなり圧縮するのか、
それとも前作より上映時間が長めなのか。
2時間あれば、なんとかなりそうな気もしますが、
まあ、そこは今、考えてもどうしようもないか。

ともあれ、ひとまずは次回の放送を楽しみにしつつ、
あれこれと想像を広げておきましょう。
予告を見る限り、例のあの、
「しずあこのおんぶ」
があるみたいなので、本当にもう、待ち遠しいです!
早く日曜日になれ!
なってくれ!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト